米国債券投資
  1. Top
  2. » 海外ETF

米国債券投資は海外ETFで投資

米国格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が、2011年8月に、米国債券の長期信用格付けを現在最高水準の「トリプルA」から「ダブルAプラス」に1段階引き下げたと発表しましたが、その後何が起こったかといえば、株式が売られ、安全資産つまり米国債券が買われ続けました。
つまり、米国債券が世界中の資産の中で一番安全な資産だということではないでしょうか。


米国債券投資の魅力

米国債券投資をすることで、世界中の資産の中で最も安全な資産に投資することができ、安定したインカムゲイン(利息収入)が期待できます。
また、株式やREITなど米国債券と異なる資産を保有している場合、それそれの資産の値動きに相関性が低いため、分散投資効果によるリスクの低減も期待できます。
信用リスクをとることなく、安定した利息収入(キャッシュフロー)が期待できるといった点で、米国債券投資は、資産運用ポートフォリオのコアになりえる資産になります。
米国債券市場の値動きは株式市場の値動きに比べ、相対的に安定していて、米国債投資は利息収入(金利)を得られるので、米国債の購入で安定的な資産運用を目指すことができるのではないでしょうか。
ちなみに、世界の債券市場の大きさは82兆ドルで、株式市場の大きさは44兆ドルで債券市場は株式市場のの約2倍の大きさです。

» 続きを読む